勉強会

会計システム導入現場の実際

開 催 日
2012年12月20日(木)
開催時間
19:10~20:50(開場 19:00)
開催場所
日本IT会計士連盟 研修センター [地図]
進 行 役
監事 小田 恭彦
概  要

会計システムの導入に関して「構想」「要件定義」「開発」「テスト」「教育」「移行」など、導入現場における具体的な作業内容や論点、成功や失敗の要因などについて理解を深めていきたいと思います。

インターネットビジネスの会計処理と内部統制

開 催 日
2012年11月15日(木)
開催時間
19:10~20:50(開場 19:00)
開催場所
日本IT会計士連盟 研修センター [地図]
進 行 役
専務理事 五島 伸二
概  要

今回は、ネット通販、コンテンツ配信、クラウドサービスなどのインターネットビジネスを営む企業の会計処理や内部統制について、トピックとなる論点(収益認識、ポイント、アフィリエイト、クーポン販売など)をピックアップして議論を深めていきたいと思います。

遡及適用事例及び比較情報の取扱いに関する研究報告

開 催 日
2012年10月18日(木)
開催時間
19:10~20:50(開場 19:00)
開催場所
日本IT会計士連盟 研修センター [地図]
進 行 役
理事 椙山 嘉洋
概  要

「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」に基づく遡及適用事例について、開示資料をみながら検討していきます。また、「比較情報の取扱いに関する研究報告」について、内容を確認していきます。

子会社による不正の事例研究

開 催 日
2012年9月20日(木)
開催時間
19:10~20:50(開場 19:00)
開催場所
日本IT会計士連盟 研修センター [地図]
進 行 役
代表理事 坂尾 栄治
概  要

オリンパスや大王製紙による上場企業の不祥事は、上場企業に対する投資家の信頼を揺るがすこととなりました。この勉強会では、ガバナンスの効かせにくい子会社で発生した不正を、事例をもとに考えていこうと思います。なぜ不正が行われたのか、なぜもっと早く不正を見抜くことはできなかったのかを、開示資料をみながら検討していきます。

IT委員会報告6号の解説

開 催 日
2012年8月23日(木)
開催時間
19:10~20:50(開場 19:00)
開催場所
日本IT会計士連盟 研修センター [地図]
進 行 役
副代表理事 中原 國尋
概  要

日本公認会計士協会のIT委員会報告が改訂され、新たにIT委員会実務指針第6号が制定され、従来のIT委員会報告第3号が廃止になりました。
それに併せてQ&Aも改訂され、新たにIT委員会研究報告第42号が制定されています。勉強会では、改訂の背景なども交えながら、新たな委員会報告の内容について検討します。

新退職給付会計基準の論点整理

開 催 日
2012年7月19日(木)
開催時間
19:10~20:10(開場 19:00) ※1時間
開催場所
日本IT会計士連盟 研修センター [地図]
進 行 役
理事 後藤 剛
概  要

企業会計基準委員会から5月12日に新退職給付会計基準が公表されました。これまでの基準との変更点及び実務上ポイントになりそうな事項について検討し、新基準の理解を深めたいと思います。

懇親会情報

日  程
2012年7月19日(木)
開催時間
20:30~22:30 ※勉強会終了後
会  場
勉強会会場付近
費  用
3,500円
集  合
20:20に勉強会会場に集合

委託先の評価に関する監査の基準等の変更とクラウド環境

開 催 日
2012年6月21日(木)
開催時間
19:10~20:50(開場 19:00)
開催場所
日本IT会計士連盟 研修センター [地図]
進 行 役
理事 神崎 時男
概  要

委託先の評価については、監査基準委員会報告書第18号「委託業務に係る統制リスクの評価」に代わり、監査基準委員会報告書第67号「業務を委託している企業の監査上の考慮事項」および監査・保証実務委員会実務指針第86号「受託業務に係る内部統制の保証報告書」が公表されています。これら変更された報告書等の解説をするとともに、関連するクラウド環境下における監査上の留意点を検討いたします。

民事再生法まるわかり

開 催 日
2012年5月17日(木)
開催時間
19:10~20:50(開場 19:00)
開催場所
日本IT会計士連盟 研修センター [地図]
進 行 役
理事 青木幹雄
概  要

民事再生法による会社の再建手続について解説します。手続の全体像をつかんで頂けるように、基本的な制度概要から事例を交えた実務対応まで、手続におけるプレーヤー毎の視点から紹介したいと思います。

制度としての原価計算と原価計算システムについて

開 催 日
2012年4月19日(木)
開催時間
19:10~20:50(開場 19:00)
開催場所
日本IT会計士連盟 研修センター [地図]
進 行 役
監事 小田恭彦
概  要

製造業における重要な会計処理(基準)のひとつに原価計算がありますが、手作業による原価計算はほぼ不可能なため、ほとんど企業は原価計算システムを構築しています。
自社開発、ERPの原価管理モジュールなど、採用しているシステムは企業によりさまざまです。今回は原価計算システムの機能や構造、原価計算基準(理論)との原価計算システム(実務)との違いについて検討します。

リース管理システムの要件を検討する

開 催 日
2012年3月15日(木)
開催時間
19:10~20:50(開場 19:00)
開催場所
日本IT会計士連盟 研修センター [地図]
進 行 役
専務理事 五島伸二
概  要

今回は、リースの借手で使用するリース管理システムの要件について検討します。リース取引に関する会計基準や税法の規定、借手側企業におけるリースに関する実務、さらにはIFRSの規定などを踏まえて、リース管理についてシステムの観点から議論し理解を深めていきたいと思います。

オリンパス第三者委員会のフォレンジック調査報告書について考察する

開 催 日
2012年2月16日(木)
開催時間
19:10~20:50(開場 19:00)
開催場所
日本IT会計士連盟 研修センター [地図]
進 行 役
専務理事 長谷 友春
概  要

今話題となっているオリンパス第三者委員会は、調査対象者のメールを閲覧するなどのフォレンジック調査を実施しました。しかも、その結果をHPで公開しています。

http://www.olympus.co.jp/jp/info/2011b/if111206corpj_5.pdf

オリンパス事件を契機に、これまで知名度の低かったフォレンジックが一気にメジャーになる可能性が出てきました。
第三者委員会報告書を読み、公表されているフォレンジックの実施方法・結果について考察するとともに、今後のフォレンジックビジネスの可能性についても討議します。

会計の歴史を振り返りつつ、会計システムの未来の方向を考える

開 催 日
2012年1月19日(木)
開催時間
19:10~20:50(開場 19:00)
開催場所
日本IT会計士連盟 研修センター [地図]
進 行 役
代表理事 坂尾 栄治
概  要

中世ヨーロッパで単純な取引記録の実務として生まれた会計は、資本主義経済の発達に伴い、利害関係者への報告に重点を移してきました。今日の財務報告の要請は、その流れを突きつめてあまりに高度化し、取引記録を主眼とした古いしくみを引きずったままの会計システム・帳簿構造では、十分に対応できなくなってきています。その流れの中で、ERPの役割にも目を向けつつ、将来の会計システムアーキテクチャの方向を考えてみたいと思います。