組織概要

ITを理解する公認会計士の存在とその社会的役割

バブルの崩壊後、企業の生き残りのために、間接部門の大幅なスリム化を行いました。その際、高度な技術革新もあり、間接部門のIT化が急速に進みました。そのため、ITスキルはホワイトカラーにとって極めて重要なスキルとなりました。

更に、内部統制報告制度の実施に伴って、業務の可視化の要請が高まっているなかで、日々複雑化する業務の要求を満たすシステムを実現するためには、より高度な業務知識が求められています。

すなわち、業務の専門家であるユーザーにとってはITの知識が、またITの専門家であるベンダーにとっては業務の知識がより求められる時代になったのです。

このような現状を踏まえて、我々は日本IT会計士連盟を設立いたしました。日本IT会計士連盟は、ITに関する高度なスキルを有する公認会計士によって組織された団体です。

我々は、監査、BPR・内部統制等のコンサルティング、システム導入の経験に基づく業務やITの知識により、ユーザーである企業やベンダー企業の間に立ち、中立的な立場から広い視野での情報を発信することで、ITのより一層の普及、効率化を果たし、ひいては、日本企業が強くなることを願っています。